2020年
6月
25日
|
14:00
Europe/Amsterdam

ランゲ1・タイムゾーン

GMT機能搭載モデルを新開発の自社製キャリバーで刷新

ランゲ1・タイムゾーンは、自分が今いる時間帯ともう一つ別の時間帯の時刻を同時に表示します。初めてこのモデルを発表してから15年を経た今、新たに開発した自社製キャリバーを搭載して登場します。デイ・ナイト表示サークルは読み取りやすく、新しく組み込まれたサマータイムマーカーで夏時間を採用している都市が分かります。

グローバル化が進む中で世界中を飛び回り、異国で仕事をし、外国の人々とコミュニケーションする人々が増え続ける現代の高級時計産業界では、付加機能「第二時間帯」は特に便利な複雑機能に数えられます。A.ランゲ&ゾーネは2005年、ランゲ1をベースに、世界にある24の時間帯の時刻を簡単に表示させることができる、二つの時間帯を表示する機能を持つ時計を開発しました。

今回発表される新ランゲ1・タイムゾーンは、機能性と読み取り易さ、そして美しい仕上げ装飾が一体になった時計です。二つの時刻表示サークル、アウトサイズデイト、パワーリザーブ表示がオフセンターに配置された特徴的なダイヤルが、視線を集めます。さらに、第二時間帯を容易に設定できるおなじみの回転式24都市リングも健在です。

二種類の時間帯を一目で把握

ランゲ1・タイムゾーンはワールドタイム機構付きの時計と異なり、ホームタイムと第二時間帯の時刻をひと目で読み取ることができます。大きな時刻表示サークルは現在地の時刻を示し、小さな時刻サークルでは24都市リングを使って第二時間帯を設定します。リューズを使って時刻合わせをすると、二つの時刻を同時に修正できます。

リング状のデイ・ナイト表示

この新しいランゲ1・タイムゾーンの最も重要な進化は、従来の小さな回転式の三角マーカーを付けたホームタイムとゾーンタイムのデイ・ナイト表示を、それぞれの時刻表示サークルの中央に組み込んだことです。これにより、時針でそれぞれの時間帯が日中または夜間のどちらなのかが分かるようになりました。このデイ・ナイト表示サークルは、ダイヤルにより自然に溶け込んでいるだけでなく、直観的に読み取れる印象を与えます。青い半円弧がプリントされたダイヤルは24時間で1回転し、その24時間に時針が2周します。時針がダイヤルと同じ色の部分にある時は日中(午前6時から午後6時)を、そして青い半円部分にある時は夜間(午後6時から午前6時)を意味します。

革新的なサマータイムマーカー

新しいランゲ1・タイムゾーンにはもう一つ、実用的な表示機能が追加されています。その機能は、5時位置にあるゴールドの三角インデックスの底辺側にある小さな窓に潜んでいます。このインデックスは、設定した時間帯の代表都市を示します。そしてその窓が赤色になると、その地域ではサマータイム制を採用していることを意味します。その地域が1年を通じて標準時であるという場合には、窓は淡色のままです。この表示を可能にするため、24都市リングの下側に夏時間制を見分けるための工夫が施されています。

時間帯の切替えも簡単

前モデルから、第二時間帯を簡単に設定できる回転式24都市リングを踏襲しました。このリングには、1884年に定められた世界の24の時間帯の代表都市がプリントされています。8時位置にある調整ボタンを押すと、24都市リングが西から東へ回転し、次の時間帯に切り替わります。それと同時に小さなサブダイヤルの時針が1時間進み、ゴールドの三角インデックスが指す時間帯の代表都市の時刻を示します。大きな時刻表示サークルには、ホームタイムあるいは自由に選んだ時間帯の時刻を表示させることができます。ホームタイムとゾーンタイムを間違えないようにするための工夫もなされています。ホームタイムのインデックスを立体的なゴールド製のローマ数字で表示する一方、ゾーンタイムにはアラビア数字をプリントしました。

同期メカニズム

小さなサークルのゾーンタイムを大きなサークルに移行させるというユニークな同期メカニズムも、前モデルから受け継ぎました。これは、外国に長期滞在するときにゾーンタイムとホームタイムの表示を入れ替える場合に便利な機能です。リューズを引き出して針を動かすと、両方の時間帯の時刻を同期できます。その際に、第二時間帯の時刻合わせ用ボタンを押したままにすると、ゾーンタイムの時針は動きません。こうして、ゾーンタイムとは別に新しいホームタイムの時刻に針を合わせることができます。時刻合わせができたら、10時位置のボタンを使ってホームタイムと連動するアウトサイズデイトの日付を修正します。

新開発の自社製キャリバー

自社製キャリバーL141.1が新しく開発されたことにより、ランゲ1 ファミリーのベースキャリバーL901を使用していたすべてのモデルに新しいムーブメントが搭載されることになりました。ランゲの自主開発キャリバー65個目となったこの新しいキャリバーには、これまでに培われた経験が活かされています。このモデルでは香箱1個で、パワーリザーブ72時間を実現しました。それ以外にも、古典的なチラネジテンプや、1時間に21,600回振動する自社製フリースプラング式ヒゲゼンマイなど、ランゲならではのディテールが盛り込まれています。

サファイアクリスタルのシースルーバックからは、素材の特性を生かした洋銀製4分の3プレート、ビス留め式ゴールドシャトン、ブルースクリュー、テンプ受けおよび中間車の受けなど、ランゲならではの品質の証しを見ることができます。二度組方式で仕上げられたムーブメントの随所に施された手彫りの装飾模様が、A.ランゲ&ゾーネの最高品質基準を物語ります。

三つのバリエーション

新しいランゲ1・タイムゾーンのサイズは従来のモデルと同じで、ケースの直径は41.9ミリ、高さは、10.9ミリです。このランゲ1・タイムゾーンにはケースとダイヤルの組み合わせが3通りあり、ホワイトゴールド/ブラック、ピンクゴールド/シルバー、そして100本限定製作のイエローゴールド/シャンパンからお好みのカラーコンビネーションを選択できます。

共通記事

A.ランゲ&ゾーネについて
ドレスデン出身の時計師フェルディナント・アドルフ・ランゲは、1845年に時計工房を設立し、ザクセン高級時計産業の礎を築きました。彼が製作した価値の高い懐中時計の数々は、今でも世界中のコレクターたちの垂涎の的となっています。第二次世界大戦後、東ドイツ政府によりA.ランゲ&ゾーネは国有化され、一時はその名が人々の記憶から消え去ってしまうかと思われました。しかし1990年、フェルディナント・アドルフ・ランゲの曾孫ウォルター・ランゲがブランドを復活させます。現在では、ゴールドまたはプラチナのケースを使った腕時計を中心に、毎年数千本のみ製作されています。A.ランゲ&ゾーネの時計には必ず、自主開発され、手作業で入念な装飾と組み立てを行ったムーブメントが搭載されています。1990年以降に開発された自社製キャリバーは65個を数え、A.ランゲ&ゾーネは世界でも最高峰の地位を確立しました。その代表作には、一般モデルとして初めてアウトサイズデイトを搭載しブランドを象徴するモデルとなったランゲ1や、瞬転数字式時刻表示を搭載したツァイトヴェルクがあります。まれに見る複雑機構を搭載するツァイトヴェルク・ミニッツリピーター、トリプルスプリット、そして2013年に発表された6本限定のブランド史上最も複雑なモデル、グランド・コンプリケーションは、受け継がれてきた時計作りの技をさらに高めようとするA.ランゲ&ゾーネの真摯な姿勢を体現した時計です。2019年には軽快さとエレガンスが共存するオデュッセウスを発表し、A.ランゲ&ゾーネの歴史に新しい章を開きました。

プレス窓口
A.ランゲ&ゾーネ マーケティング&コミュニケーション
三股 桂子(みまた けいこ)・田中 奈美(たなか なみ)
電話:03-4461-8080
Eメール:presse@lange-soehne.com, keiko.mimata@richemont.com, nami.tanaka@richemont.com

インターネット
alange-soehne.com | facebook.com/langesoehne | youtube.com/user/alangesoehne | instagram.com/alangesoehne
#alangesoehne | #lange1 | #lange1timezone | #watchesandwonders | #hautehorlogerie | #timepieceperfection
#1connectedwiththeworld | #ランゲアンドゾーネ | #ランゲ

画像ダウンロード
https://media.alange-soehne.com/ | PIN: ALS_L1TZ_2020

ダウンロード