2019年
9月
25日
|
11:00
Europe/Amsterdam

ランゲ1・トゥールビヨン“25th アニバーサリー”

アニバーサリーコレクションの有終の美

2000年に発表されたランゲ1・トゥールビヨンは、トゥールビヨン、アウトサイズデイト、3日間の動力を蓄える香箱とパワーリザーブ表示を同時に搭載する世界初の腕時計として注目を集めました。そして今、この25本限定のホワイトゴールドエディションが、合計10モデルからなるランゲ1誕生25周年アニバーサリーコレクションを締め括ります。

特別な日のための時計 ― ランゲ1・トゥールビヨンは発表された当時、このように形容されました。A.ランゲ&ゾーネはこのモデルでミレニアムを祝い、美しき時代のパリに遡る伝統を受け継ぎました。それは、1900年のパリ万国博覧会でランゲ初の百年紀記念トゥールビヨンが大反響を呼んだという誇らしい伝統です。

2010年には、創業165周年を祝うアニバーサリーコレクション「F.A.ランゲへのオマージュ」として、ランゲ1・トゥールビヨンを含むハニーゴールド仕様の3モデルが製作されました。ハニーゴールドはランゲが専用使用権を有する素材です。2014年、ランゲ1誕生20周年を祝い、プラチナ仕様のランゲ1・トゥールビヨン “ハンドヴェルクスクンスト”を20本限定で製作しました。このモデルはハンドヴェルクスクンスト シリーズの4作目で、類い希な華やかな仕上げ装飾を施し、ダイヤルをブラックエナメルで仕上げた逸品です。

そして、2019年のランゲ1・トゥールビヨンは、アニバーサリーコレクションの10モデルに共通のシルバーとブルーのツートンカラーで統一されています。直径38.5ミリのホワイトゴールドケースとシルバーカラーに仕上げたシルバー無垢製ダイヤルに、ブルースチール針がコントラストも豊かに美しく映えます。アウトサイズデイトの数字を含む文字はすべてブルーでプリントされています。

ダイヤモンド受け石2石に支えられるワンミニッツトゥールビヨンは、ストップセコンド機構を搭載しています。この機構は、回転するトゥールビヨンのキャリッジ内でテンプを瞬時に停止させる特許技術で、ダイヤルの大きな開口部とアウトサイズデイトの一の位表示用ガラス製ディスクから、その動きを見ることができます。

ダイヤルの一部となっているトゥールビヨン受けが放つ美しいツヤは、ブラックポリッシュ仕上げならではの光沢です。ムーブメントに視線を移すと、トゥールビヨンと中間車の受けに手彫りの装飾模様が見え、ブルーでコーティングした彫り線に、一貫したカラーコンセプトが感じられます。アニバーサリーコレクションに共通の特徴であるアウトサイズデイトのレリーフ彫りは、中間車の受けに刻まれています。

共通記事

A.ランゲ&ゾーネについて

ドレスデン出身の時計師フェルディナント・アドルフ・ランゲは、1845年に時計工房を設立し、ザクセン高級時計産業の礎を築きました。彼が製作した価値の高い懐中時計の数々は、今でも世界中のコレクターたちの垂涎の的となっています。第二次世界大戦後、東ドイツ政府によりA.ランゲ&ゾーネは国有化され事実上ブランドは消滅、一時はその名が人々の記憶から消え去ってしまうかと思われました。しかし1990年、フェルディナント・アドルフ・ランゲの曾孫ウォルター・ランゲがブランドを復活させます。現在では、ゴールドまたはプラチナのケースを使った腕時計が、毎年数千本のみ製作されています。A.ランゲ&ゾーネの時計には必ず、自主開発され、手作業で入念な装飾と組み立てを行ったムーブメントが搭載されています。1994年以降に開発された自社製キャリバーは63個を数え、A.ランゲ&ゾーネは世界でも最高峰の地位を確立しました。その代表作には、一般モデルとして初めてアウトサイズデイトを搭載しブランドを象徴するモデルとなったランゲ1や、瞬転数字式時刻表示を搭載したツァイトヴェルクがあります。まれに見る複雑機構を搭載するツァイトヴェルク・ミニッツリピーター、ダトグラフ・パーペチュアル・トゥールビヨンおよびトリプルスプリットは、受け継がれてきた時計作りの技をさらに高めようとするA.ランゲ&ゾーネの真摯な姿勢を体現した時計です。


 

インターネット:
alange-soehne.com
facebook.com/langesoehne
youtube.com/user/alangesoehne
instagram.com/alangesoehne
#alangesoehne
#lange1
#lange1tourbillon
#lange1anniversary
#ランゲアンドゾーネ
#ランゲ

プレス窓口:
A.ランゲ&ゾーネ マーケティング&コミュニケーション
三股 桂子(みまた けいこ)・田中 奈美(たなか なみ)
電話:03-4461-8080

Eメール:presse@lange-soehne.com,
keiko.mimata@richemont.com, 
nami.tanaka@richemont.com

画像ダウンロード
https://media.alange-soehne.com/ | PIN: ALS_722066

ダウンロード