2020年
4月
24日
|
18:00
Europe/Amsterdam

オデュッセウス

軽快さとエレガンスを包み込むホワイトゴールドケース

A.ランゲ&ゾーネに仲間入りしたばかりのプロダクトファミリー「オデュッセウス」に、ラバーベルトまたはレザーベルトをケースと一体にしたホワイトゴールド モデルが加わりました。軽快さとエレガンスを兼ね備え、大きな日付・曜日表示を搭載するこの時計は、防水仕様のケースに表面を造形的な印象に仕上げたグレーのダイヤルを収めています。

A.ランゲ&ゾーネの開発技師たちが新しい着想を得ると、まずはっきりとさせねばならない重要な問題があります。 その問題とは、このコンセプトは私たちが擁するプロダクトファミリーのいずれかの一員となり得るか、あるいはまったく新しいアプローチでアイデアを具体化しなければならないか、というものです。  この問いへの答えが簡単に出せないケースもあり、試行錯誤を繰り返して最善の解決策を見いだします。オデュッセウスは、その好例です。おなじみの2窓式ランゲ・アウトサイズデイトに加え、その反対側に同じ大きさの曜日表示を配置するには、まったく独自のデザインが必要になるという結論に達したとき、このモデルを作ることによってA.ランゲ&ゾーネのコレクションに6番目のプロダクトファミリーの誕生が決まりました。

ウォルター・ランゲとギュンター・ブリュームラインがブランド再興コレクション第1弾を発表してから1日と違わぬ25年後の2019年10月24日に初披露されたオデュッセウスは、通常なら精緻な機械式腕時計をはずすべきシーンでも着用できる時計を求める活動的なライフスタイルを好む方のために開発されたモデルです。スポーツ感覚あふれる立体的なデザインが、それを体現しています。

この新しいファミリーの2作目では、直径40.5ミリのホワイトゴールドケースにグレーのダイヤルを収めました。その深い地色を背景に、ホワイトゴールドの針と溝を刻み込んだバーインデックスが読み取りやすさを約束します。アウトサイズデイトの数字と大きな曜日表示の文字が、グレー地にホワイトで浮かび上がります。2.4ミリ大の数字と文字は、周辺が薄暗くなってもよく見えます。時針と分針だけでなく、時インデックスも夜光性です。時インデックスとスモールセコンドの目盛りの背景に刻まれたレコードの溝のような幾重もの同心円模様は、ダイヤルに立体感を生み出します。それとは対照的に、メインダイヤルとサブダイヤルの内側にはマットで粒状感のある仕上げを施しています。ダイヤルを取り巻く、外に向かってせり上がるように傾斜が付いたシルバーカラーのリングには分目盛りがプリントされ、赤色の60の数字がさりげないアクセントとなっています。

リューズの上側と下側にピラミッドのような形状の日付および曜日調整ボタンを組み込んだことにより、スリーパーツ構成のホワイトゴールドケースは独特のフォルムに仕上がっています。ケースとバックルでは、表面の艶消し模様と面取り面の光沢研磨が見事に呼応しています。このモデルでは、ケースと一体になったベルトを、手縫いのレザーベルトまたはブラックのラバーベルトから選択できます。ラバーベルトでは内側にエアダクト(通気溝)を設け、心地よく装着できるようにしました。

ムーブメントは、オデュッセウスのために開発された自社製キャリバーL155.1 DATOMATICです。この名前は、ドイツ語の日付表示を意味する「Datumanzeige」と自動巻きを意味する「Automatischer Aufzug」を組み合わせた造語です。外部からの振動や衝撃があっても安定した歩度を約束するため、テンプが毎時28,800振動(4ヘルツ)で動き続けます。歩度を乱す要因となる乱流の発生を最低限に抑えるため、テンプに調整用ビスが埋め込まれています。ムーブメントは、最長50時間のパワーリザーブを蓄えることができます。動力の安定供給に貢献するのは、ブラックロディウム仕上げの大型センターローターです。このセンターローターはスケルトンタイプで、外側にはプラチナ製分銅が付いています。

二度組方式で組み立てられるムーブメントの部品にはすべて、ランゲの理念に則り、手作業で入念に仕上げ装飾を施しています。サファイアクリスタルのシースルーバックからは、グラスヒュッテストライプが美しい洋銀製の地板、手彫りの曲線模様が刻まれたテンプ受け板、ガンギ車にセットされたビス留め式ゴールドシャトンなど、工芸技術を駆使した数々のディテールを見ることができます。

共通記事

A.ランゲ&ゾーネについて
ドレスデン出身の時計師フェルディナント・アドルフ・ランゲは、1845年に時計工房を設立し、ザクセン高級時計産業の礎を築きました。彼が製作した価値の高い懐中時計の数々は、今でも世界中のコレクターたちの垂涎の的となっています。第二次世界大戦後、東ドイツ政府によりA.ランゲ&ゾーネは国有化され、一時はその名が人々の記憶から消え去ってしまうかと思われました。しかし1990年、フェルディナント・アドルフ・ランゲの曾孫ウォルター・ランゲがブランドを復活させます。現在では、ゴールドまたはプラチナのケースを使った腕時計を中心に、毎年数千本のみ製作されています。A.ランゲ&ゾーネの時計には必ず、自主開発され、手作業で入念な装飾と二度組で仕上げたムーブメントが搭載されています。1994年以降に開発された自社製キャリバーは64個を数え、A.ランゲ&ゾーネは世界でも最高峰の地位を確立しました。その代表作には、一般モデルとして初めてアウトサイズデイトを搭載しブランドを象徴するモデルとなったランゲ1や、瞬転数字式時刻表示を搭載したツァイトヴェルクがあります。まれに見る複雑機構を搭載するツァイトヴェルク・ミニッツリピーター、トリプルスプリット、そして2013年に発表された6本限定のブランド史上最も複雑なモデル、グランド・コンプリケーションは、受け継がれてきた時計作りの技をさらに高めようとするA.ランゲ&ゾーネの真摯な姿勢を体現した時計です。2019年にはステンレススチール製ケースに身を包み軽快さとエレガンスが共存するオデュッセウスを発表し、A.ランゲ&ゾーネの歴史に新しい章を開きました。

プレス窓口
A.ランゲ&ゾーネ マーケティング&コミュニケーション
三股 桂子(みまた けいこ)・田中 奈美(たなか なみ)
電話:03-4461-8080
Eメール:presse@lange-soehne.com, keiko.mimata@richemont.com, nami.tanaka@richemont.com

 インターネット
alange-soehne.com | facebook.com/langesoehne | youtube.com/user/alangesoehne | instagram.com/alangesoehne
#alangesoehne | #perfectioninmovement | #odysseusdatomatic | #watchesandwonders | #ランゲアンドゾーネ | #ランゲ

画像等のダウンロード
https://media.alange-soehne.com/ | PIN: ALS_ODYSSEUS_2020

ダウンロード